子供の歯クイズ - 乳歯の虫歯/生え変わり(歯並び)に良い事・悪い事

歯ごたえのある話 - 歯医者が教える効果的な虫歯予防
トップへ戻る
  • 歯ごたえのある話トップへ
  • 虫歯・抜歯を防ぐ根管治療
  • 虫歯を防ぐ予防歯科
  • 虫歯予防の方法
  • 咀嚼の8つの効果
  • 音波歯ブラシで虫歯予防
  • 子供の虫歯予防効果を高める方法
  • 食生活見直しでむし歯予防
  • 唾液が少ないと虫歯リスク高
  • 歯医者が勧める歯磨き粉うがい薬
  • 虫歯予防の正しい歯磨き方法
  • 二次カリエスの予防法
  • フッ素で虫歯予防
  • 子供の歯クイズ
  • いしかわ予防歯科ステーション
  • インプラント失敗研究記
子供の歯クイズ

子供の歯を守るために知っておきたい!お母さんのためのお口の健康クイズ

Q1 乳児に歯ブラシを与えてもいい?

→YES

何でも口に入れたがる乳児期は、歯ブラシの感触に慣れさせる絶好のチャンス!お母さんの目の届くところでさせてください。

Q2 いずれ生え変わるので、乳歯の虫歯は治療しなくていい?

→NO

永久歯が正しい位置に生えるためには、乳歯の健康は不可欠です。 乳歯が健康でないと、永久歯の歯並びはもちろん、永久歯の質に影響を与えてしまうのです。乳歯が虫歯になったら、必ず歯医者で治療を受けましょう。

Q3 歯医者へ行くのは、歯が痛くなった時?

→NO

歯が痛くなってから歯医者へ行くのでは、手遅れです。歯が白い場合でも初期虫歯になっているケースもありますし、外からは見えにくい虫歯もあります。必ず歯医者で定期的にみてもらいましょう。

Q4 やわらかい食べ物は虫歯になりやすい?

→YES

固い食べ物と比べて、やわらかい食べ物は、噛む回数が減少して唾液分泌が減ってしまう傾向に…。結果、お口の中が汚れやすくなり、虫歯になりやすくなってしまいます。

Q5 おしゃぶりの使用は、歯並びに良くない?

→NO

小さいうちはおしゃぶりを使用しても特に問題はありません。しかし、奥歯が生えそろう3歳をすぎておしゃぶりを使っていると、歯並びに影響することも…。徐々にやめさせましょう。

Q6 子供の歯(乳歯)は虫歯になりやすい?

→YES

乳歯が生えはじめる時期・永久歯の生え変わりの時期は、歯の抵抗力が少なく、プラークもつきやすい傾向にあります。 特に、歯の外側を被うエナメル質が薄いため、虫歯が進行しやすい傾向にあります。

Q7 フッ化物は虫歯予防に良いのですか?

→YES

フッ化物(フッ素)は、歯の表面のエナメル質を強くし、虫歯予防に効果があると言われています。歯医者や保健所、保険センターで塗布してもらうことがお勧めです。

Q8 子供でも歯周病になりますか?

→YES

最近では、小学生を中心に子供の歯周病が増えています。毎日のブラッシングを促し、プラーク除去に努めましょう。

Q9 子供は甘い物が好きなものですか?

→NO

子供の甘い物好きは、生まれつきではありません。特に小さいうちは甘い物を控えることで、虫歯予防につながるでしょう。

Q10 お母さんが虫歯だと、子供も虫歯になりやすくなるのですか?

→YES

虫歯菌は、出産時やお母さんが世話をしている間に(食器の共有など)、赤ちゃんのお口に感染します。


Copyright (C) 2014 歯ごたえのある話 All Rights Reserved.