【虫歯になりたくない人の予防歯科】治療終了=メンテナンス開始

歯ごたえのある話 - 歯医者が教える効果的な虫歯予防
トップへ戻る
  • 歯ごたえのある話トップへ
  • 虫歯・抜歯を防ぐ根管治療
  • 虫歯を防ぐ予防歯科
  • 虫歯予防の方法
  • 咀嚼の8つの効果
  • 音波歯ブラシで虫歯予防
  • 子供の虫歯予防効果を高める方法
  • 食生活見直しでむし歯予防
  • 唾液が少ないと虫歯リスク高
  • 歯医者が勧める歯磨き粉うがい薬
  • 虫歯予防の正しい歯磨き方法
  • 二次カリエスの予防法
  • フッ素で虫歯予防
  • 子供の歯クイズ
  • いしかわ予防歯科ステーション
  • インプラント失敗研究記
虫歯になりたくない人の予防歯科

治療が終わっても歯医者に行こう!虫歯になりたくない人は予防歯科へ

予防歯科とは、虫歯や歯周病を治療するためではなく、治療しないで済むように、健康な状態を維持することを目的としています。「痛くならないため」「痛い治療が必要にならないため」の治療なのです。

主な治療内容には、次のようなものがあります。

  • 虫歯の検査
  • 歯周病の検査
  • 口の中のクリーニング(PMTC)

虫歯や歯周病は、初期の段階では治療の負担が少なく、その後の再発リスクも低いです。虫歯や歯周病は、痛みが出る頃には進行してしまっているケースが多いため、痛くない段階での検査で、早期発見につなげることが大切なのです。

PMTCとは

PMTCとは、歯科で行う口の中のクリーニングのことです。口腔清掃のプロである歯科衛生士によって行います。

毎日しっかり歯磨きをしているつもりでも、磨き残しはあるものです。汚れが蓄積しないように、定期的にプロのクリーニングを受けることは、虫歯や歯周病の予防に大変有効です。

PMTCの流れ

  1. 口の中のチェック
    歯と歯肉の状態を確認します。
  2. プラーク・歯石の除去
    染め出しをして、歯に付着しているプラークを除去します。歯石がついている場合には、スケーラーという専用の器具を使って除去します。
  3. クリーニング
    専用の器具を使って、1本1本ていねいに磨きあげます。歯ブラシでは落とせない着色汚れなども、しっかり除去できます。

歯ブラシでは落とせない汚れも除去できる

毎日の歯磨きでは除去できない、着色汚れや歯石、バイオフィルムなどを落とすことが可能です。
虫歯などの病気を予防するだけでなく、個人差はありますが、歯の汚れが落ちたことで、歯の本来の白さに近づける可能でしょう。

予防歯科の費用

日本の医療保険制度では、予防を目的とした歯科診療は、保険が適用となりません。そのため、予防歯科の治療は保険外であり、料金は歯科医院によって異なります。

歯は点検(メンテナンス)しなければダメになる

車は整備や点検を受けなければ、長持ちしません。たとえ新車であっても、調子が悪くなってしまいます。歯でも同様のことが言えます。

治療済の歯は、点検・整備が済んだ状態と考えて良いでしょう。でも、そのまま整備もせずに乗っていては、いずれ悪いところが出てきます。また、新車も点検せずにいたら、調子が悪くなるでしょう。
車は2~3年に1回程度の点検・整備が必要だとされていますが、歯の場合は1年に2~3回です。メンテナンスをしっかり行うことで、歯の寿命も長くなります。治療後の歯は、虫歯リスクが高い状態と言えますが、適切な予防で再発も防げるでしょう。

予防歯科で、歯が痛くならないように、そして長も持ちするようにすることが大切です。
当院の予防歯科は、虫歯・歯周病の検査、口腔内清掃はもちろん、唾液検査(虫歯のリスクがわかります)、歯磨き指導、生活指導(食習慣の改善など)も行っています。

虫歯予防は、歯の健康に対する高い意識も必要になります。予防歯科で、歯に対する意識(デンタルIQ)も高めていきましょう。


Copyright (C) 2014 歯ごたえのある話 All Rights Reserved.