虫歯予防に歯医者が勧める歯磨き粉/うがい薬 – コンクールF/ジェルコートF

歯ごたえのある話 - 歯医者が教える効果的な虫歯予防
トップへ戻る
  • 歯ごたえのある話トップへ
  • 虫歯・抜歯を防ぐ根管治療
  • 虫歯を防ぐ予防歯科
  • 虫歯予防の方法
  • 咀嚼の8つの効果
  • 音波歯ブラシで虫歯予防
  • 子供の虫歯予防効果を高める方法
  • 食生活見直しでむし歯予防
  • 唾液が少ないと虫歯リスク高
  • 歯医者が勧める歯磨き粉うがい薬
  • 虫歯予防の正しい歯磨き方法
  • 二次カリエスの予防法
  • フッ素で虫歯予防
  • 子供の歯クイズ
  • いしかわ予防歯科ステーション
  • インプラント失敗研究記
虫歯予防に歯医者が勧める歯磨き粉/うがい薬

効果的に虫歯を予防したい人のためのうがい薬・歯磨き粉

「この歯磨き粉を使えば虫歯にならない」
と言える歯磨き粉はありませんが、たくさん販売されている歯磨き粉やうがい薬の中で、特に虫歯予防効果の高い商品をご紹介します。

正しくブラッシングを行うことが重要ですが、ブラッシングの効果を高める歯磨き粉・うがい薬を使用することも大変有効です。

コンクールF(うがい薬)

コンクールFは、グルコン酸クロルヘキシジン・グリチルリチン酸モノアンモニウムという成分が含まれ、口の中のさまざまな病気を防いでくれるうがい薬です。
当院ではインプラント治療を受けた患者様にはお馴染みの消毒薬で、虫歯菌だけでなく、歯周病菌や口臭も防いでくれます

口腔内消毒薬として、その効果が7時間~12時間持続するという点も魅力ですが、薄めて使用するため、1本で360回~700回も使用でき、経済的なところも自信を持ってお勧めできる理由です。

コンクールFの成分と主な効果
成分 効果
グルコン酸クロルヘキシジン
グリチルリチン酸モノアンモニウム
虫歯の発生・進行予防
歯周病予防
口臭予防

コンクールFの使用方法

  1. コップ1/4程度の水に、コンクールFを5~10滴入れ、かき混ぜます。
  2. 口の中をよくすすぎ、吐き出します。
  3. 1~2を1日に数回行います。

ジェルコートF(歯磨きジェル)

ジェルコートFは、ジェル状の歯磨き剤です。一般的に販売されている歯磨き剤と異なり、発泡剤が含まれていません。そのため、刺激が少なく、粘膜にやさしく歯磨きができると言えます。
発泡剤が配合されている歯磨き剤の方が、爽快感を得られると感じる方も多いかもしれませんが、刺激がない分、お口にやさしいのです。

また、発泡剤は殺菌力を低下させてしまうため、発泡剤無敗合のジェルコートFは、虫歯予防・歯周病予防効果も高いです。

成分 効果
ポリリン酸ナトリウム 歯石を防ぐ
フッ化ナトリウム(フッ素) 再石灰化を促進して、歯を強くする
β―グリチルレチン酸 歯肉炎など歯肉の炎症を抑制
塩酸クロルヘキシジン 虫歯菌や歯周病菌の殺菌、増殖抑制

使用方法

  1. ジェルコートFを、適量(2センチ程度、子供の場合は1センチ程度)を歯ブラシにとります。
  2. 歯や歯と歯の隙間に、ジェルが行き渡るようにブラッシングしていきます。
  3. 十分にブラッシングをしたら、水ですすぎます。

コンクールFとジェルコートFの組み合わせがオススメです!

先にも紹介した通り、発泡剤が配合されていると、殺菌力が低下してしまいます。そのため、市販の発泡剤配合の歯磨き剤を使用した後に、コンクールFを使用しても、殺菌効果が弱まってしまいます。
そのため、高い殺菌効果が得られる、発泡剤無配合のジェルコートFとコンクールFの組み合わせをお勧めしています。

また、市販の歯磨き粉を使用する場合には、ブラッシング後30分程度経ってから、コンクールFを使用するようにしましょう。

効果的なセルフケアは、ぜひご相談ください。

当院では、定期検診でプロの歯科衛生士により、ブラッシング指導を行っています。正しい歯の磨き方を身に付けて、健康的に歯を守っていきましょう。

ここで紹介した、コンクールFやジェルコートFの他にも、便利な物品がありますので、使用方法等、お気軽にスタッフにお尋ねください。


Copyright (C) 2014 歯ごたえのある話 All Rights Reserved.